FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親のパンツに名前を書く時

2014-05-21

認知症 マンガ 漫画

子供の頃…親がパンツに名前を書いてくれました。

昨日、親のパンツに一緒に名前を書きました。精神的な病気では、初めての入院。

九州の実家では、どうにもならず、関東にいる姉の所へ週末行きました。 
それから2~3日。母の様子に姉がすっかり参ってしまい、昨日、関西の私の所にやって来ました。
これまで通り私のところで過ごせたらいいのかもしれませんが、3月に生まれた子供は心臓に疾患があり、妻もナーバスな状況。子供が生まれる前でも、母がいる時は、かなりしんどい思いをさせてしまいました。若い頃、心の病になったことがあるそうで、妻まで病気になっては大変です。
母を守ることはもちろん、妻・子供も守らなければなりません。家族で話し合い、母も納得の上で、入院することになりました。
認知症では無いのですが、ずっと経緯を診て頂いている主治医を変えたくなかったので、認知症の病棟になりました。精神科棟がほぼ満杯だったというのも理由です。 
介護職時代は、受け入れ側だったのですが、受け入れてもらう側になって、色々気付かされること、思うことがありました。

たいしたことではないのかもしれませんが、下着から歯ブラシから、全てに名前を書かなければならないことさえ、田舎で自由に生きて来た母が管理されるようで、少し切なく思いました。その他、色々な制約があるので「不自由をさせるけどゴメンね」と謝りました。
その思いとは裏腹に、母は大変上機嫌でした。「おいしいご飯が出て、薬の袋まで破ってくれる。至れり尽くせり。」と笑っていました。この数週間が嘘のようでした。予定の6週間、ずっと機嫌良く過ごしてくれたらいいのですが。

本当に今回の入院では、色んな面で思うことがたくさんあります。ここには書ききれないほどです。

携帯に入れて来た初孫の元気でいる動画を見せると、画面に向かって「○○ちゃん、こんなお婆ちゃんでゴメンね。元気になるからね。」と何度も謝っていました。
入院中の一時外出か、退院後かはわかりませんが、初孫のお宮参り・100日祝いがあります。その頃には、穏やかになってくれていることを願います。

居室の番号が、孫の誕生日でした。何の縁でしょうか…驚きました。

認知症 マンガ 漫画


フェイスブックhttp://www.facebook.com/pekonatsu.dou/info


(ホームページ)『みんな、いつかは年をとる~介護井戸端会議~』http://pekonatsu.web.fc2.com/ ←クリックするとホームページに飛びます。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ





スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北川なつ

Author:北川なつ
特別養護老人ホームや認知症対応型グループホームに勤務していた経験や知識を元に、認知症介護の現場をマンガにしています。
また精神的に不安定な母との日常も描いています。
ブログで発表してきたマンガは加筆修正し、『マンガ・認知症のある人って、なぜ、よく怒られるんだろう?』というタイトルで、一冊の本として出版しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングなど
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。