FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護管理センターと全自動洗濯機

2014-05-23

認知症 マンガ 漫画

昨日の午前中、車で30分くらいの所にある動物愛護管理センターに行って来ました。
現在、構想を練っているセラピードッグの漫画の取材です。
このセンターは、各保健所で引き取られた犬が、最終的にやって来る場所です。かなり重い気持ちで取材に行きましたが拍子抜け、いわゆるオリの中で死を待っている犬は、この日は一匹もいませんでした。
この10年~20年で、私達が抱いている保健所のイメージからは、かなり変わっているようです。もちろん殺処分がゼロではありません。野犬や病気・事故にあった犬などは、そのような運命をたどることも、厳然たる事実ですし、一番多いのは、生まれたての子猫のようです。
また施設や地域が変われば、色々事情が変わるかと思います。
もう少し、他の施設も見学したいと思います。

※写真1枚目は、訪問活動をしているワンちゃん達。2枚目のワンちゃん達は、やって来て間が無くて、病気に感染していないか経過観察中。また人に慣れさせようとしてます。順調に行けば、いずれ譲渡されます。

午後は通常の仕事に戻り、夕方には、車で1時間弱、病院の母の所に行きました。

病棟周りの草取りをずっと希望しているので、服や靴、軍手、虫よけスプレーなど、一通り買って行きました。
しかし当然なのですが、職員の見守りがないとできないとのことでした。どこかに行ったりとかは絶対に無いのですが、仕方ありません。

病室にいると、職員さんが気をきかせて、夕食を運んで来てくれました。
そして、食前の漢方薬と食後の薬を一袋にまとめて母に渡し、食事前に飲むよう、促しました。

その時、私は特養時代を思い出していました。
60人ちょっとの入居者さん、食事の前に職員2人が二手に分かれて、バタバタと服薬してもらいます。
一番怖いのは服薬ミス。そして飲み忘れや床に落としたりしたら大変です。

私は、職員さんが、燕の子供みたいに母に口を開けさせて、飲ませなかったのでホッとしました。

食後、一緒に洗濯をしました。コイン式の全自動。母がやり方を迷い、私が見守っていると、ちょうど職員さんがやって来ました。
私は職員さんに言いました。「母は田舎で2層式しか使ったことないので、わからないんです。」と。

洗濯機に限らず、例えば高齢の方が何かで迷っている時、特に若い職員さんは、それが疾患のせいだと、はなから決めつけずに、自分が昔の暮らし・やり方を知らない。という視点も持って頂けたらと思います。

お風呂の習慣等もそうです。現在は、家のお風呂で毎日洗髪もするという方も多いかもしれません。

銭湯・もらい湯・入浴間隔・洗髪間隔などなど、色々な歴史・習慣を知っていると、コミュニケーションをとる時に、役立つことがあるかもしれません。

認知症 マンガ 漫画

フェイスブックhttp://www.facebook.com/pekonatsu.dou/info


(ホームページ)『みんな、いつかは年をとる~介護井戸端会議~』http://pekonatsu.web.fc2.com/ ←クリックするとホームページに飛びます。

 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ




スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北川なつ

Author:北川なつ
特別養護老人ホームや認知症対応型グループホームに勤務していた経験や知識を元に、認知症介護の現場をマンガにしています。
また精神的に不安定な母との日常も描いています。
ブログで発表してきたマンガは加筆修正し、『マンガ・認知症のある人って、なぜ、よく怒られるんだろう?』というタイトルで、一冊の本として出版しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングなど
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。