FC2ブログ

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都新聞に掲載されました。

2017-10-20

京都新聞  北川なつ 10.18

大変、久しぶりの更新です。皆さん、お元気でしょうか?
今年の夏に、『マンガで笑ってほっこり 老いた親のきもちがわかる本』と絵本が三冊出版されました。

写真は、京都新聞に掲載された記事です。

以下の文章は、かなり長~い補足です。↓

乱暴な言い方をすると「介護」という言葉が無くなればいいなと思っています(現実には、そういうわけにはいきませんが)。

言葉というのは便利ですが、一方で、介護、認知症、徘徊、~拒否・・・等々、その人の経験や知識から来る価値観で、◯◯はこういうもんだと、レッテルを貼る原因にもなります。

人は頑張ってもこの世にいるのは、せいぜい80~90年です。生まれてしばらくはできないことも多いですし、長く生きているとできないことも増えてきます。もちろん、生まれつきだったり、若くても病気や事故で、できないことが多い人もいます。

できないことが多ければ、できない部分をできる人が手助けする。また、できる人、助けた人も、そのうちできないことが増えれば、できる人にできない部分を助けてもらう。ただ順番の問題で、これは生まれて死ぬまでの自然な流れだと思います。

そして片方が、一方的に助けられるだけの存在ということも無いと思います。生まれて間もない赤ちゃんが、その存在だけで笑顔にしてくれるように。人生経験豊富だけど、認知症と診断されてしまったおばあさんが、夜勤中、一人言のような職員の悩みをただ黙って優しい顔で聞いて、助けになることもあります。

3冊の絵本。「パンになる」「ウンチ」は、介護とか認知症という言葉も意味も知らない小さな子供の目線からのお話。「便利だね!」は、現代の価値観の便利に慣れてしまった大人たちとは違う視点の、子供たちのお話です。
どれも重くならずに、小さなお子さんから大人まで、楽しみながら読める絵本になったと思っています。

ほとんどの書店に置いていないので、大変ご迷惑をおかけしています。

本を何冊か、出させて頂いて、本屋に本が並ぶことが、こんなに難しいことなんだと初めて知りました。また、アマゾンも契約の関係で、表紙以外の画像掲載ができなかったり、内容説明もできません。

絵本、どれか一冊だけでも手に取って頂けたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

すっかり長文になりました。たぶんここまで読んでいる人はいないと思います(笑)

北川なつの本は、公式ホームページから購入できます。
(ホームページ)『みんな、いつかは年をとる~介護井戸端会議~』http://pekonatsu.web.fc2.com/ ←クリックするとホームページに飛びます。


フェイスブックhttp://www.facebook.com/pekonatsu.dou/info



 にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ にほんブログ村 介護ブログへ

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北川なつ

Author:北川なつ
特別養護老人ホームや認知症対応型グループホームに勤務していた経験や知識を元に、認知症介護の現場をマンガにしています。
また精神的に不安定な母との日常も描いています。
ブログで発表してきたマンガは加筆修正し、『マンガ・認知症のある人って、なぜ、よく怒られるんだろう?』というタイトルで、一冊の本として出版しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングなど
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。